2013年12月29日

バタバタ・・・& A-35CE

26日に福島へ戻って、それから病院やら買出しやらドタバタしてました。今日ちょっと時間が取れたんで、録音できるかなーとやってみたんだけど、ダメですねぇ。OKテイクが取れません。あと年内は録音難しそうだし、もう年内アップは無理だなあ。しばらくぶりにギターを弾いて、指の痛みは心地いいんだけどね。

それとオリジナルの録音データがあるんで、それもアップしたいんだけど、youtubeに上げるんなら歌詞も入れないとわかんないよねー。う~ん、こっちの方が編集は面倒か。

しょうがないんで、ギターの話でも。

DSCN0181.jpg

とりあえず最近のメイン。アリアのA-35CE。軽いし安いし、気軽に使えるって感じ。このモデルが出てすぐに買ったので、現行のバージョンとは少々違ってるみたいです。うちのはサイド・バックがレッドシダー。ま、所詮合板ですけどね。あと初代のプリアンプはプリアンプ自体を回転させて、その裏に付いてる電池を取り出すって構造になってます。チューナーとかはないです。

DSCN0184.jpg

で、このギターはナット幅が48mm。普通のガットギターは52mmくらいで、フォークだと42,3mmってとこでしょう。丁度中間ぐらいで、親指もなんとか回せる(6弦を押さえるって意味ね)サイズ。個人的には48mmが一番しっくりきますね(ナイロン弦の場合)。但し、手のサイズには個人差も大きいから、誰でもOKとはいかないと思います。あと指板にRがある方が好みなんだけど、アリアはフラットです。

PUはインブリッジピエゾのみ。でも弾き語りで録音してるときは、コンデンサーマイクがギターの音まで拾っちゃうから、ミックスしても結構自然な響きになってくれます。これがライブとかだとマイクはボーカルだけ狙うようになりますから、ピエゾのプリプリサウンドが目立っちゃうでしょうね。



人気ブログランキングへ
posted by toshi99ex at 23:21| Comment(0) | ギター | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

ヤマハのエレアコ

 このところ千葉の家の修理(震災で、じゃないんですが)で外回りの塗装とかやってました。そろそろやぶ蚊が出始めたし切り上げたいところですが、細かい所がもうちょっとだけ残ってるんですよね。普段慣れてない肉体労働系の作業なので、結構しんどいです。

 金曜日に近くのショッピングセンターへ行って連れの待ち時間が余りに長かったので、楽器店へ寄って、ずーっと気になってたヤマハのCPXとAPX(エレアコね)を触ってきました。話やカタログでは見てましたが、ヤマハの新しいピックアップはボディヒットをちゃんと拾うんですね。これにはちょっと感激。フィンガーノイズやスクラッチなんかも、ピエゾだと嫌味になっちゃうのに、若干押さえられてる感じがします。
 実際弾いて見て、プリアンプのEQをフラットにして比較すると、やっぱりCPXの方が断然音のバランスがいいですね。生音じゃなくてラインで。正直こんなに差があるとは思ってませんでしたのでちょっとビックリ。抱えた感じもAPXは確かに小振りでいいんだけど、CPXでも厚み、大きさ共全然違和感が無いですね。

 と、CPXにちょっと好感を持って帰ってきましたが、冷静に考えると、またギターばっかり増えちゃうのもなあ・・・。まあ、今もってるピエゾタイプのエレアコでも音作りをちゃんとして、あとボディヒット対策を何か考えてからだな。
posted by toshi99ex at 16:14| Comment(0) | ギター | 更新情報をチェックする