2013年11月04日

防音室、まとめ

箱と中身で一応機能するところまで行きましたので、ここで一区切りとしておきます。

前提となる話

まあ今更なんですけどね(f^^;。自分の場合を基準に書いてしまっているので、当然のような書き方をしてましたけど、製作にあたって必要な条件は勿論あります。

一つは木工のテクニック。木工は趣味としているほどではないですけど、簡単な家の補修くらいはやります。その程度の経験はあります。電動工具は、ドリルドライバー、インパクトドライバー、ジグソー、サンダーは持ってました。丸ノコは今回購入。今までは多少の直線もなんとかジグソーで済ませてましたが、さすがに今回は丸ノコ必須でしたね。
とはいえ便利な道具はその分危険も隣り合わせです。電動工具初心者の方は、使い方を本やネットでしっかり学んから使ってくださいね。特にコードや手袋などを巻き込んでしまうと危険です。それと、どんな電動工具でも実際に動かしてみると反動や振動があります。これは体で覚えていくしかありません。

楽器を演奏するなら手は大事にしたいでしょうから、普通は手袋をするべきでしょうけど、丸ノコでは手袋を巻き込む方が危険です。私も手袋はしないでやってます。それより必要性を感じたのはゴーグルですね。大量の木屑が一度に出てくるので、結構目に入るんですよ。
またドリルドライバーの場合、ネジ打ちする際はネジに手を添えるかもしれませんが、そのとき手袋していると巻き込みます。先に金槌でくぎの様に軽く打ちこんでしまうと、手を添えなくても打てますよ。まあ手間ではあるんで、面倒なときはそのままやっちゃいますが。スリムネジを使うときは位置がシビアなことが多いので、殆ど金槌を使いましたね。

それと車。柱とかは乗用車でも何とか乗りますが(勿論長さにもよりますが)、合板や石膏ボードとなるとトラックが欲しいところです。ホームセンターによっては無料で貸し出してくれます。勿論免許は必要。保険も自分で入っていた方がスムースに借りられるでしょう。

通販なら持ってきてくれるのでは?と思う方もいるかもしれませんが、合板や石膏ボードのような大物になると、運送の手間と単価の関係でペイしないんでしょう。ホームセンターのような値段で扱ってくれるところは殆どないはずです。値段が安いところは100枚単位とかね(^^;。家一軒分なら運んでくれるでしょうが。小口ではかなり割高だと思います。まあ興味のある方はググッてみてください。

もし自分も作りたいと思う場合は、上記のような点をよく考えてからにしましょう。途中で投げ出すと一番悲惨ですからね。

DSCN0119a.jpg

費用

割とアバウトにやってました。どうしても予定外の出費とかはあるだろうし、10万までに納まりゃいいだろうぐらいの感じで。途中まではカウントしてたんですが、材料費だけで概算で6万くらいのはずです。買い足した工具、エアコン、照明他を入れるとやはり10万ちょっとくらいは掛かってるでしょうね。

今後の話

内装では、壁にコードやギターなどを掛けられるようにするつもりです。チョコチョコ録音するうちに配線も固定してきてますんで、使い勝手を考えつつ。
残ってる材料(切れ端の遮音シートとか、石膏ボードの余りとか)は来年以降、また暖かくなったら貼れるだけ貼ってしまおうかなと思っています。そのまま積み上げといても無駄だし、ごみに出すのも大変なんでね。

DSCN0124a.jpg
これが現在使ってるイス

シーズンのバナーって毎月変わるんだね。なるほど。

人気ブログランキングへ
posted by toshi99ex at 21:03| Comment(0) | 防音室 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください