2013年10月25日

エアコン給排気延長BOX

それらしいネーミングにしてますが、何のこたあない、端材で作ったつぎはぎの木箱です(^^;。

後から考えるとこれは必要なかったのかも。うちの場合、エアコンの穴から窓の端まで付属品のパイプが届かなかったので、延長せざるを得なかったんです。窓まで届けばそのまま窓へ出して、付け根の辺りだけ厳重に防音すればよかったんじゃないかな。延長するにしても、何か上手いパイプを接続して、付け根の防音だけちゃんとすれば良かったように思います。

DSCN0053a.jpg
底の部分(出来上がると横の部分)は石膏ボードです。本当は全面石膏ボードで覆いたかったんですが、サイズも重さもオーバーしちゃいまして・・・。

最初、換気扇のように空気の通り道を長くして、材料も厚くして防音しないといけないかなと思ったんですが、石膏ボードを入れた時点でやたら重くなってしまい、結局防音室本体に固定するのは無理になりました。本体と隙間が出来てしまうのでは、防音には殆ど無意味のような気もしますがあ・・・。でもまあ、方針変更するのもメンドーで、そのまま組んじゃったってわけでして。

DSCN0055a.jpg
出来損ないのロボットみたい(f^^;

DSCN0056a.jpg
継ぎ目にはすきまテープやゴムチューブに針金を入れたものを巻き付けました

メーカーさんの推奨する使い方じゃありませんから、何が起きるか分かりません。最悪、排気の過熱で火災?なんてことだって「可能性はゼロではない」でしょう(そこまで熱くするのは無理か?)。似たような事をやろうとお考えの方は((ヾノ・∀・`) いないって)、よーく考えた方がいいですよ。あくまでご自分の判断で、自己責任100%でお願いします。


人気ブログランキングへ
posted by toshi99ex at 19:47| Comment(0) | 防音室 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください